定義したタイプエイリアスは、アクセス制御の目的では別の型として扱われます。タイプエイリアスは、エイリアスする型のアクセスレベルより低いか、または同じアクセスレベルにすることができます。例えば、private タイプエイリアスは、private、internal または public の型をエイリアスできますが、public タイプエイリアスは internal や private の型をエイリアスすることはできません。

NOTE
プロトコル準拠を満たすために使用される関連型に対するタイプエイリアスでも、このルールが適用されます。

Portions of this page are translations based on work created and shared by Apple and used according to terms described in the Creative Commons Attribution 4.0 International License.