クラスと構造体は、プログラムコードの構成要素となる汎用的で柔軟性のある構造です。定数、変数、および関数とまったく同じシンタックスで、クラスと構造体に機能を追加するプロパティとメソッドを定義します。

他のプログラミング言語と異なり、Swift のクラスと構造体では、インターフェイスと実装ファイルを別に作成する必要はありません。Swift では、クラスまたは構造体を 1 つのファイルで定義し、そのクラスや構造体の外部インターフェイスは自動的に他のコードで利用できるようになります。

NOTE
クラスのインスタンスは、伝統的にオブジェクトとして知られています。しかし、Swift のクラスと構造体は、他の言語より機能的に近く、この章の大部分はクラスと構造体のどちらのインスタンスにも適用できる機能について説明しています。このことから、より一般的な用語のインスタンスを使用します。

Portions of this page are translations based on work created and shared by Apple and used according to terms described in the Creative Commons Attribution 4.0 International License.