Swift には、C に近い言語でおなじみの制御フロー文があります。タスクを複数回実行する for や while ループ、条件によってコードを分岐して実行する ifguardswitch 文、実行フローをコードの別の位置に移動させる break や continue のような文があります。

従来からある C の for ループに加えて、Swift は、配列や辞書、範囲、文字列、その他のシーケンス内を繰り返し処理しやすい forin ループを追加しています。

Swift の switch 文は、C と比較してかなり強力です。Swift での switch 文の case は、次の case に流れ落ちていくことはなく、C でよく起こる break 文を忘れてしまうことによるエラーを回避します。case は、範囲やタプル、特定の型へのキャストを含む、多様なパターンに一致させることができます。switch の case に一致した値を、case 本体で利用するための一時定数にバインドすることができます。また、複雑な一致条件を case ごとに where 節で表現することができます。


Portions of this page are translations based on work created and shared by Apple and used according to terms described in the Creative Commons Attribution 4.0 International License.