サブスクリプトの正確な意味は、使用される文脈に依存しています。サブスクリプトは一般的に、コレクションやリスト、シーケンスのメンバー要素にアクセスするショートカットとして使用されます。クラスや構造体の機能に最適な方法で自由にサブスクリプトを実装できます。

例えば、Swift の Dictionary 型は、Dictionary インスタンスに保管される値を設定、取得するサブスクリプトを実装しています。サブスクリプトの角括弧内に辞書のキー型のキーを使い、サブスクリプトに辞書の値型の値を代入して、辞書に値を設定することができます。

var numberOfLegs = ["spider": 8, "ant": 6, "cat": 4]
numberOfLegs["bird"] = 2

この例では、変数 numberOfLegs を定義し、キーと値のペアを 3 つ含む辞書リテラルで初期化しています。辞書 numberOfLegs の型は、[String: Int] と推論されています。辞書を生成した後、この例では、辞書に String キーの "bird" で Int 値の 2 を追加するためにサブスクリプトの代入を使用しています。

Dictionary サブスクリプトについての詳細な情報は、Accessing and Modifying a Dictionary を確認してください。

NOTE
Swift の Dictionary 型は、オプショナル型を受け取って返すサブスクリプトとして、キーと値のサブスクリプトを実装しています。上の辞書 numberOfLegs はキーと値のサブスクリプトで、Int?(オプショナル Int)型の値を受け取って返します。Dictionary 型は、あらゆるキーに値があるわけではないことをモデル化し、キーに nil 値を代入してそのキーの値を削除する手段として、オプショナルサブスクリプト型を使用しています。

Portions of this page are translations based on work created and shared by Apple and used according to terms described in the Creative Commons Attribution 4.0 International License.