実行の対象でないテキストをメモとしてコードに含めたい場合、コメントを使用します。コメントは、コードがコンパイルされるときに、Swift のコンパイラによって無視されます。

Swift のコメントは、C でのコメントにとてもよく似ています。1 行コメントは、2 つのフォワードスラッシュ (//) で始めます。

// これはコメントです

複数行コメントはフォワードスラッシュとアスタリスク (/*) で始め、アスタリスクとフォワードスラッシュ (*/) で終えます。

/* これもコメントですが、
複数行にわたって書くことができます */

C での複数行コメントと異なり、Swift での複数行コメントは他の複数行コメントの中にネストさせることが可能です。ネストしたコメントは、外側の複数行コメントブロックの内側に、別の複数行コメントブロックが収まります。

/* ここは外側の複数行コメントの開始
/* ここはネストされた別の複数行コメント */
ここは外側の複数行コメントの終了 */

複数行コメントをネストできることによって、複数行コメントが含まれる巨大なコードブロックをすばやく簡単にコメントアウトすることが可能になります。


Portions of this page are translations based on work created and shared by Apple and used according to terms described in the Creative Commons Attribution 4.0 International License.