Swift は、iOS、OS X、watchOS、tvOS アプリケーション開発のための新しいプログラミング言語です。にもかかわらず、Swift は C や Objective-C での開発経験がある方になじみやすいものとなっています。

Swift は、C や Objective-C にある基本型の独自バージョンとして、整数に Int、浮動小数値に Double や Float、ブール値に Bool、そしてテキストデータに String を備えています。Swift は、Collection Types で解説しているように、ArraySetDictionary という 3 つの重要なコレクション型の強力なバージョンについても備えています。

C と同じく、Swift には名前で識別して値を保存、参照するための変数があります。Swift には変数の値を変更できない定数があり、C の定数よりもさらに強力です。定数は Swift のいたるところで使われており、コードをより安全でクリーンにしています。

よく知られている型に加えて、Swift はタプル型のような Objective-C には無い型を導入しています。タプルは、複数の値をグループ化することができ、関数の戻り値として返すことができます。

Swift は、オプショナル型についても導入し、存在しない値を扱うことができます。オプショナルは、「値があり、x と等しい」ともなれば、「値が無い」ともなります。オプショナルを使うことは、Objective-C においてポインタで nil を扱うことに近いですが、クラスだけでなく、あらゆる型に対して有効です。オプショナルは、Objectice-C での nil ポインタよりも安全で表現しやすいだけでなく、Swift が持つ多数の強力な機能の中心にあります。

Swift は型安全(タイプセーフ)な言語で、コードにおいて値の型が明確になっています。String が要求されているコード部分に、誤って Int が渡されることを防いでくれます。同様に、オプショナルではない String が要求されているコード部分に、オプショナルの String を渡してしまうことも防いでくれます。これにより、開発の早い段階でエラーを発見し、修正できるようになります。


Portions of this page are translations based on work created and shared by Apple and used according to terms described in the Creative Commons Attribution 4.0 International License.